三角たまご展

三角たまご展
展示会期2009年03月17日[火]〜03月21日[土]
開廊時間12:00-19:00(最終日のみ17:00まで、日曜祝日休廊)
展示作家 荒木舞子/中川彩/滝上沙瑛子
備考 オープニングパーティ:初日18:00から

生成する人間像

今回の三角たまご展に参加する3人は、2009年3月に阿佐ヶ谷美術専門学校の絵画表現科を卒業した新卒業生の3人である。経験的に言っても、卒業制作展のすぐ後に展覧会を行なうことは、グループ展とは言え、かなり意識を高い位置に上げる必要があると思える。

私達は絵画を描くとき、その対象物が好きだからというだけでカンヴァスに向かっているわけではない。対象物を好きでも嫌いでも、そのような現在が私達の感覚の通路に流れてくるイメージを色彩や形態として受け止めて絵画記号に変換しているのである。

「三角たまご」と言うタイトルは、現在は白いたまごのようなものだが、これから生まれいずるものとしての3人と言う意味であろう。このように考えると3人に共通するものとして「生まれいずる人間=生成する人間像」として絵画記号化しているのではないだろうか。

阿佐ヶ谷美術専門学校 絵画表現科長 中村功