自然/映像 PHYSIS/IMAGE 展

自然/映像 PHYSIS/IMAGE 展 自然/映像 PHYSIS/IMAGE 展
展示会期2006年09月05日[火]〜09月16日[土]
開廊時間12:30-19:00(最終日のみ17:00まで)
展示作家 相内啓司土橋公三中村功/+芸術機械
備考
オープニングパーティ:5日(火) 18:00-

知覚と概念の想像力が、視覚、聴覚、触覚、空覚と概念の4:1のイメージ枠で構成されていることが、現在、高度な映像コミュニケーション・コードを形成しているとする芸術機械が、相内啓司土橋公三中村功の三人の作家の表出を一つの出来事と見なす。
そ して芸術機械は、わたし達の日常をリードする映像メディアのテレビ・オペラの世界が、想像界を異常に拡大していることを検討しながら、彼らが全共闘世代で あるがゆえに、固有の「反復」を主体として強いられていることと、そのそれぞれの持続が固有のパレーシアを表出する展覧会となっていることを示す。