古川流雄展「声」

古川流雄展「声」
展示会期2005年11月01日[火]〜2005年11月19日[土]
開廊時間12:30-19:00(日曜休廊 11月3日開場)
展示作家 古川流雄

アトリエに向かって走らせる車から見る丘の連なり、それは丘とも言えないほど低く、今ではあまり手を入れられることもなく木や草が茂り自ら形を成し て見飽きることがない。あちらこちらに点在する屋敷林もまた魅力的である。子供の頃に木登りをし、時には幹にでたウロに潜り込んで遊んだのはそのような木 森(*)を成す椎の古木であった。

昨年くした祖父、母、義母の記憶は姿、形よりも声である。声は記憶と言うよりも生々しく身近に、そこここに残り聞こえてくる。

作品を制作しながら、作品において成立しつつあるイメージ、感情に重なるのは見慣れた丘や屋敷林の姿、椎の木のにおいや木肌の感触の記憶であり、亡くした者の声である。

それは、そこに在る。

*きもり。田舎の言葉で複数の木によって形成された茂みのこと。庭のような規模で も森のような規模の場合でも使う言葉。