LOCUS 東京展 2005 ディスロケーション

展示会期2005年05月31日[火]〜[土]
開廊時間12:00-19:00(日曜休廊)
展示作家 Carl Rowe/Marie-Claire Issaman
備考
オープニング・レセプション:31日(火)18:00~20:00
主催:阿佐ヶ谷美術専門学校+ノーウィッチ美術デザイン大学
助成:グレイトブリテン・笹川財団
後援:ブリティッシュ・カウンシル

イギリスのノーウィッチ美術デザイン大学と阿佐ヶ谷美術専門学校との交流による東京展です。
マリー=クレール・イサマン、カール・ローが日本で制作した複合メディアによる作品を展示。ノーウィッチ展は日本から相内啓司澤登恭子中垣直美中村功の上映と展示が2005年3月16日~4月9日に行われました。
「LOCUS」展詳細はオンラインカタログ(英語)をごらん下さい。

関連企画
講演会「DISLOCATION/LOCUS脱臼=転位/居留地」
他者との接触で個人の生の場所が揺り動かされてずらされる時、生活と文化どうシフトチェンジするのか?
6月1日(水) 午後5時~7時
阿佐ヶ谷美術専門学校 422教室
杉並区梅里1-3-3 Tel 03-3313-8655
入場無料
出品アーティスト:サイモン・ウイルムス(ノーウィッチ美術デザイン大学展覧会ディレクター)
早見堯(アサビ展覧会ディレクター)
お問い合わせ;電話;03-3313-8655 メール;baba@asabi.ac.jp