文字塾展 第四期 14人のかな書体 こんなにたのしくていいのかな

文字塾展 第四期 14人のかな書体 こんなにたのしくていいのかな
展示会期2016年06月05日[日]〜06月11日[土]
開廊時間12:00―19:00(初日15:00まで、最終日17:00まで)
展示作家 石川とも子/池田平多/遠藤隼斗/小澤祥/狩野宏樹/木村昌司/田中裕梨/土井遼太/遠矢良彦/長谷川文香/平井玲子/舟瀬純子/松村潤子/水野博之
備考 トークイベント 6月5日[日]16:00-18:00 参加費2,000円 先着50名様 *お申込受付は締め切りました

文字塾展 第四期 14人のかな書体 こんなにたのしくていいのかな

よこなり/ヘータ/つらなり/ばいこう/温故がな/たいらの/れん/あしらい明朝/こくたん/おうじさま/風鈴/れいめい/しまなみ/スポール

書体設計士鳥海修主催の文字塾。第四期は書体をつくりたい!と14名が集まり、1年をかけてひとつの書体に向き合いました。個性豊かな面々が懸命につくり上げた、それぞれのかな書体をぜひお楽しみ下さい。
作品を集めた冊子、および各社の書体パンフレットも可能なかぎり取りそろえています。ご自由にお持ち帰りください。ただ数には限りがありますので、無くなった場合はご容赦ください。

トークイベント 小宮山博史 vs 文字塾生 進行/鳥海修

6月5日(日)16:00-18:00
事前予約制/先着50名様/参加費2,000円(当日会場受付にてお支払いください)

定員に達したためお申し込み受付は締め切りました。

*トークイベント中は入場制限がございます。お申込みされた方以外のご入場はできません。

塾生がどんなコンセプトで書体を作ったのか
その書体に対して書体史研究家の小宮山博史氏はどう思ったのか
それに対して塾生はどう答えるのか
その仲裁役は鳥海です

■プロフィール
小宮山 博史 こみやま・ひろし
1943年新宿生まれ。佐藤敬之輔に師事し書体設計と和文書体史の基礎を学ぶ。佐藤没後研究所を引き継ぎ、書体設計と書体史研究を柱に活動。書体設計では平成明朝体、大日本スクリーン「日本の活字書体名作精選」、中華民国国立自然科学博物館中国科学庁表示用特太明朝体、韓国サムスン電子フォントプロジェクトなどを制作。著書、共著に『明朝体活字字形一覧』(文化庁)、『日本語活字ものがたり』(誠文堂新光社)、『タイポグラフィの基礎』(誠文堂新光社)、『活字印刷の文化史』(勉誠出版)など。2010年、竹尾賞デザイン評論部門優秀賞受賞。阿佐谷美術専門学校講師。印刷史研究会会員。

鳥海 修 とりのうみ・おさむ
1955年山形県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。1979年株式会社写研入社。1989年に有限会社字游工房を鈴木勉、片田啓一の3名で設立。現在、同社代表取締役であり書体設計士。大日本スクリーン製造株式会社のヒラギノシリーズ、こぶりなゴシックなどを委託制作。一方で自社ブランドとして游書体ライブラリーの游明朝体、游ゴシック体など、ベーシック書体を中心に100書体以上の書体開発に携わる。2002年佐藤敬之輔顕彰、ヒラギノシリーズで2005年グッドデザイン賞、2008年東京TDCタイプデザイン賞を受賞。京都精華大学特任教授。
字游工房(外部リンク)

文字塾展 第四期 14人のかな書体「こんなにたのしくていいのかな」特設ページ(外部リンク)
文字塾(外部リンク)/後援:阿佐ヶ谷美術専門学校視覚デザイン科(外部リンク)