Vision’s presents Illustrators’ Gallery Vol.1「一葉と芙美子 霜田あゆ美+くぼあやこ」

Vision’s presents Illustrator’s Gallery Vol.1「一葉と芙美子 霜田あゆ美+くぼあやこ」
展示会期2014年06月18日[水]〜06月28日[土]
開廊時間12:00―19:00 *最終日17:00まで、21日(土)16:00―18:00のトークショー中は入場制限有り
展示作家 霜田あゆ美/くぼあやこ
備考 トークショー 6月21日[土]16:00-18:00 参加費2,000円 先着50名様 お申し込み方法は下記を御覧ください

初っ端は、悩める二人が描く
樋口一葉と林芙美子のものがたり

「これが一生か、一生がこれか、ああ嫌だ嫌だ」一葉奇跡の十四カ月と言われる晩年の作「にごりえ」の主人公お力は言う。そんなふうにおもうことがわたしにもあるけれど、すぐ気を紛らわしてやり過ごしている。一葉さんは多彩なひとだった。つつましいのに大胆、野心も向上心も強いのに、どこか諦めているようなところもあり、すねもので、時おり辛辣。明治の偉人というよりも、すぐ隣にいる女友だちのよう。いや、もしかしたら一葉はわたしかもしれない。
〈霜田あゆ美〉

「私は宿命的に放浪者である。私は古里を持たない」
「放浪記」の冒頭で語っているように、芙美子は人生を、風呂敷包み一つで駆け抜けた。
行商の幼少時代から、カフェーの女給、セルロイド工場での女工、厳しい時代を、状況を、逞しい脚で、思想で、欲で、ずんずんと。人に裏切られることも裏切ることも恐れず、ずんずんと。
芙美子を読むと、わたしはのんべんだらりと生きる居住まいをぴしりと正すのだ。
〈くぼあやこ〉

>> 大きい画像でチラシを見る

トークショー「一葉と芙美子」

ゲスト……関川夏央
6月21日[土]16:00―18:00 先着50名様 参加費2,000円
※ 定員に達したため締めきりました。

霜田あゆ美展示作品一覧

くぼあやこ展示作品一覧

Vision’s presents Illustrator’s Galleryは阿佐ヶ谷美術専門学校視覚デザイン科が企画する気鋭のイラストレーターを起用し、年二回開く二人展のシリーズです。