阿佐ヶ谷美術専門学校メディアデザイン科 × 和光大学表現学部芸術学科 交流展 vol.3 「Purple People」展

Purple People
展示会期2014年01月21日[火]〜01月25日[土]
開廊時間12:00―19:00(最終日のみ16:00まで)
展示作家 上地芹菜/佐藤ちひろ/宮崎むつみ/柳田慎太郎/李燁琨/永沼夏実/上薗隆弘/斎藤英理/佐藤梓/佐藤蓮/高桑竣/中島美里 他

本展覧会について

本展覧会は阿佐ヶ谷美術専門学校メディアデザイン科と和光大表現学部芸術学科の学生たちによる交流からスタートした展覧会です。
「Purple People」というコンセプトも繰り返し行われた両校学生代表たちによるディスカッションの中から立ち上がり、出品作品はプレゼンテーションを行い、学生たちの互選により選出されています。企画、作品選考、運営を通じて、学生は互いの作品を批評し合い、展覧会という外部の眼に作品をさらす機会を得ることとなります。
これら一連の活動が作品制作の質を高め、また制作活動そのものを見つめ直すきっかけになればと考えています。

学生代表のことば

私たちの内なる叫び「感情」
それは、この一刻が過ぎるたび、この目に映し出されるたび、この手に触れるたび、形を変えてきた。
愛しみ、悲しみ、憎しみ、楽しみ、あるいは言葉では象ることができないもの。
私たちはその時々あらゆる感情を持つが、それらは常に二極にある。まるで動脈と静脈のように。
感情を何かに喩えること、それこそが表現であり、やがて産声を上げ、作品という命になる。
赤の感情から生まれた作品、青の感情から生まれた作品。
それぞれが集い、交ざり合うこの場所。
二色を持ち合わせている私たち人間はムラサキだ。

(実行委員代表 柳田慎太郎)