椎名勇仁 展「Planaria」

「熱点案(キラウェア、ハワイ)」/2000年
展示会期2004年07月13日[火]〜07月31日[土]
開廊時間12:00-19:00(最終日のみ17:00まで、日曜祝日休廊)
展示作家 椎名勇仁

2003年、群馬青年ビエンナーレ大賞受賞、キリンアートアワード優秀賞を受賞したヴィデオ・インスタレーション《火山焼》は、国内外の火山に作家本人が実際におもむき、火口の熱でクレイ・ワークを焼き上げる、あるいは流れ出す溶岩でそれらが燃えながら押しつぶされていく過程を記録した極めて衝撃的な映像作品です。
6月中旬よりハワイのキラウエア火山でこの「Planaria」展のための新作《火山焼》プロジェクトは行なわれ、熱気を帯びた焼きたてのクレイ・ワーク、そして、ガスと溶岩の熱を含んだ熱い映像を本展では展示しました。
また、今回のタイトル「Planaria」について作家は「再生」を暗示するものであり、同時に《火山焼》から今後の作品へと展開していく上での布石となる言葉でもあるようです。

協賛:キリンビール株式会社