写真工房展

写真工房展
展示会期2009年11月10日[火]〜11月21日[土]
開廊時間12:00-19:00(最終日のみ17:00まで、日曜祝日休廊)
展示作家 小野口健太/富樫智子/土肥裕司/中村功廣澤章光三上紗智子
備考 オープニングパーティ 初日18:00~

「写真工房展とは」

中村 功

絵画表現科が絵画をメディアとしているように、写真工房は写真をメディアとしています。しかし、工房が科と異なるのは全ての科の学生がライセンスを所持すれば誰でも工房を使用して制作することが出来ることであります。その大きな理由はマクルーハンが大衆への伝達機能を失ったときに絵画は芸術となったが、写真は未だに伝達機能を保持していると言っています。それは単に保持しているだけでなく社会は写真や映像に囲まれ、まるで私達は写真のプールを泳いでいると言っても過言ではありません。それは、人々の感覚も写真に攻撃され、目を凝らして対象を見ることが出来にくくなり、写真を通して社会を見る習慣が無意識として出来上がっています。このように写真は知らない間に私達に浸透し、現代は写真なしのコミニュケーションは成り立たなくなっているのです。

ところが、写真メディアの保存機能がデジタル化し、感材としてのフィルムが消滅しつつあります。この状況は伝達機能を失った絵画が芸術になったように、フィルム写真は伝達機能を失いつつあり芸術の領域に入りつつあります。

このような社会的状況をふまえつつ、写真が社会の情報を伝達する役割から、人間の感覚や精神に関係するメディアであることを前提にして、画像は生成するものであるとする驚異を体験出来る工房を目指しています。

写真工房では、今まで培ってきた総合されたシステム(スタジオ・暗室)を使って撮影から作品の仕上げまでの一貫した作業環境があり、写真発生時からフィルムおよびデジタル処理まで、写真に関する全ての問題点を対象にしています。

写真工房のスタッフは社会の第一線で活躍するファッション、広告、ドキュメンタリーの各分野での現役カメラマン、そして、芸術作品として自己表現するアーティストが混在しています。

今回の展覧会も様々な写真表現が混在していますが工房スタッフの有り様、そのままの提示でもあります。

ご高覧いただきご意見をいただけましたら幸いです。